四十+αオトコの日々の出来事。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南の端への道

波照間島に向かう前日。
定時で仕事を切り上げて(=後回しにして...)
自宅に急いで戻って着替えをカバンに詰めて
まずは地元の空港に向かい、そこから羽田行きの飛行機に乗り込みました。

「なんで、波照間なのに羽田なの?」と思われるかもしれませんが、
上司から休暇は認めてもらったものの、
取れた休みは金曜日の一日。
週末を使っても3日間しか時間がありません。
なるべく早く現地について、現地での時間をいかに有効に稼ぐかというのが、
今回の旅程で重要なポイントなわけです。

とはいえ、波照間島は離島だけあって、
そこに向かう高速船は朝、昼、夕の一日3便しかなく、
生憎、自分の住む地元から沖縄に向かう朝の飛行機に乗っても
乗り継ぎの関係で、その日の夕方しか波照間島には着けません。

現地で時間を取るためには昼の船に乗る必要があるのですが
昼の船に乗るには、
いづれも羽田を朝6時代に出発する
石垣行きの直行便に乗るか
羽田をから那覇行きに乗って、那覇で石垣行きに乗り継ぐかしかないため、
したがって地方在住の僕は、羽田に前泊を余議なくされた訳です。
その為、いったん自分の地元から羽田に向かったのでした。

ホテルで一泊した後
早朝五時にホテルをチェックアウト。
外に出てみると、この日は今年一番の冷え込みということで
とても寒く、中にはコートを着込んでいる人もちらほら見かけられます。
とはいえ、これから天気予報によると最高気温が27度にもなる地方に向かう僕には、
コートを着るという選択肢はなく、
ポロシャツの上に防寒具変わりの雨合羽を羽織って寒さを凌いでいました。

羽田空港に向かい、無事石垣空港行きの飛行機に搭乗。
機内は暖かく、僕はすぐに半袖のポロシャツ姿になって夏モードに切り替え。

離陸後、飛行機は多少揺れたものの、
前日あまり寝られなかった僕は、揺れも気にせず爆睡(笑)
あっという間に石垣島に到着しました。

飛行機のタラップを降りると、天気予報の通り雨が降っていました。
気にしないと思っていたものの
やっぱり雨だと、ちょっと気分が沈みますね。
20111113_9.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/11/13 21:50 ] たびのはなし。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。