四十+αオトコの日々の出来事。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北の端と南の端

20111113_70.jpg

僕は北海道の礼文島が好きで、ちょくちょく訪れています。

礼文島は、宗谷岬よりはほんのわずかに南にあるため
実際には、日本最北端ではないのですが、
宗谷岬が国道沿いにあるのに対し
礼文島は、稚内からフェリーで2時間かかる離島ということもあり
「最果て」のイメージがあるのか
「最北端の島」とか言われています。

そんな島の民宿で、日本各地から訪れる人たちと旅の話をすると、
必ず話題に上るのが「南の端の島」、沖縄の波照間島のこと。

こちらも、実際の日本の最南端は東京都の「沖の鳥島」なのですが
ここは無人島で、定期便などなく
一般人が旅行で行くことは不可能なので、
旅行でいける日本最南端の島である沖縄の波照間島が
南の端の島ということになっています。

礼文島には何度も行っている僕ですが
波照間島には一度もいったことが無くて
話を聞くたびに、どんなところなのだろう?と想像を膨らませるものの、
休みが取れなかったり、台風襲来のリスクを考えたりすると
これまで、なかなか足が向かなかったんですね。

ここのところ仕事も忙しかったり
(10月の残業時間は130時間!)
おまけに、上司の上司がすごく嫌な人だったり、
こちらが悪くもないのに、一方的によその部の部長に理不尽に怒鳴られたり
そんなことが続いていたので
なんか心がささくれだっていたんですね。

11月に入って、仕事もひと段落してきたので、
いつもは「休暇なんて...」と思ってしまうのですが
もう少しで心のメーターが振り切れてしまう感じがしていて
こりゃやばいなと思って、「もう、いっか。」て開きなおって
休暇を取ったんですね。

いつもだったら礼文島ぬ向かうかもしれないのですが
この時期、島はすでに冬。
大方の民宿は閉鎖してしまっているのと
北の海は荒れると何日もフェリーが欠航してしまう不安があるので
思い切ってこの際、南の果てに行ってみようと思ったのでした。

スポンサーサイト
[ 2011/11/13 19:26 ] たびのはなし。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。